鹿児島産デコポン大将季 6個入り

¥ 5,400 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

 へた部分に独特の隆起(デコ)があり、見た目とネーミングがぴったり。数ある柑橘類の中で、今最も生産量を伸ばしている品目がデコポンです。
その「デコポン」の最高等級が『大将季』です。赤みを帯びた果皮、高い糖度で香りも良く、種もほとんどなし。外皮が薄くて手で簡単にむけるのも長所。中の皮も非常に薄く、そのまま食べられます。『大将季』は、進化したデコポンです。
 デコポンは、昭和47年に農林水産省久留米果樹試験場で、清見とポンカンをかけあわせて育成されたのが最初です。シーズンは12月~4月。そのうち、ハウス栽培は12月~2月、露地で3月~4月が出回り期となります。
 デコポンの糖質はショ糖が過半数を占め、果糖とブドウ糖が含まれています。酸の主体はクエン酸。果肉にはカリウム、マグネシウム、カルシウムが多く、ビタミンではC、A、B1が豊富に含まれています。 食物繊維の宝庫です。美肌、便秘に効果があると同時に、大腸ガン予防・肥満防止・コレステロール低下等、健康面でも文句なしです。「デコ」のないものは敬遠されがちですが、おいしさはかわりません。
 また、果皮がしおれやすい性質がありますが、甘さ・おいしさには関係ありません。